『こうして教会は(26):神の物語の中に生きる』大倉 信 師

2020年2月23日(日)


私達の教会のファウンダー達は1940年に最初の教会堂をサンディエゴに購入します。しかし、時、同じくして第二次世界大戦が勃発します。そのことゆえにカリフォルニアに在住している日系人は強制収容キャンプに入れられます。それはサンディエゴ日本人教会に集っている者達も例外ではなく、彼らは1942年から3年間、日系人収容所に入れられます。


想像してみてください。新しい教会堂が与えられ、さぁ、これからという時にもはや自分ではどうすることもできない世界の荒波に飲み込まれ、自由を失い、キャンプに収容される。自分の力の及ばない力によって願ってもいない場所に移される。


手に入れたばかりの教会の玄関には鍵と鎖がつけられ、いつ、その鍵と鎖が再び、解かれるのかも分からない。生活環境の厳しい収容所にいる自分達の行く末も分からない。この教会に通っていた兄弟姉妹はそのようなところを通りました。そして、そのことはあのエジプトでのイスラエルの民の日々を思い起こさせるのです。


そして、終戦を迎えます。その時、沖本牧師が当地で伝道を再開します。その年1945年、沖本牧師はキャンプから帰ってきた3人の教会メンバーと再び、この教会の灯を掲げたのです・・・。


本日のプログラム

礼拝メッセージ『こうして教会は(26):神の物語の中に生きる』

『こうして教会は(26):神の物語の中に生きる』おもちかえり

一日一生(2020/2/24-3/1)

本日の礼拝の動画はこちらからどうぞ

サンディエゴ日本人教会 Youtube チャンネル


メッセージ Podcast* 購読・音声 mp3 ダウンロード


*Podcastの詳しい購読方法はこちら




#jp #大倉師

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle

​© 2020 San Diego Japanese Christian Church
1920 E Street, San Diego, CA 92102

English: 619-234-2697 | 日本語: 619-234-5627