『 新しい出発(5):人間を大切に!』大倉 信 師

2022年3月20日

アルバート・シュバイツアーはアフリカのガボンという国の密林でその生涯をかけて医療活動に関わった医師です。

彼は四つの博士号をもち、名門大学から一ダースにもなる名誉学士号を授与され、音楽、神学、哲学の分野において目まぐるしいはたらきをなし、1952年にはノーベル平和賞をとっています。彼のガボンにある粗末な医療施設には世界中から見学者がたくさん来たといいます。ある日、彼の元に日毎にやってくる密林に住む現地の人達を見ていた訪問者から彼は聞かれたようです。「先生、今、世界中があなたの論文やあなたの意見を求めています。世界中があなたに希望を見出し、あなたから発信されるメッセージを待っているのです。でも、見ておりますとあなたの元には、病気でもないのに病気のふりをして訪ねてくるような、それこそあなたの手を煩わせているに過ぎない患者がたくさんいるようです。あなたは、そのような人達に向き合うよりももっと、世界が今か今かと待ちわびている研究に時間を注ぎ、それを発表なさった方がいいのではないですか?」。博士はその言葉に答えました。「私には、私の論文よりも、これらの人間の方が大切なのです・・・」。



メッセージ音声

🎧礼拝メッセージ ポッドキャスト https://smarturl.it/sdjccjppodcast


礼拝ビデオ



#jp