『 新しい出発(1):過去の棚卸し 』大倉 信 師

2022年2月20日

かつて「北の国から」という日本のドラマがありました。そのドラマの中に一人の女性が出てきます。彼女は心の棚に人には言えぬ暗い過去を持っており、こう言うのです。「私の心の中にある過去を消すことができる消しゴムはないかしら」

彼女はそのことを心の棚から取り出し処分したい。しかし、それをする術を彼女は知らなかったのです。聖書は私達の心にある「過去の棚」に置かれているものを処分できる方法が一つだけあると言います。もう要らない、見たくもないと思っているものを、また同じ棚に戻す必要はないというのです。でも、そんなことがどうしたら可能になるのでしょうか。


メッセージ音声

🎧礼拝メッセージ ポッドキャスト

https://smarturl.it/sdjccjppodcast


礼拝ビデオ



#jp