『 それでも夏の後に秋はくる』大倉 信 師

2021年9月12日(日)


ある父親に四人の息子がいました。父はその子達に遠くの地に生えている梨の木を見てくるようにと、最初の息子は冬に、二番目は春に、三番目は夏に、四番目は秋に送り出し、それぞれがそこに生える同じ木を見て、帰ってきました。父は四人を呼び、見てきたものについて一人一人の話を聞きました。

冬に行った息子は言いました「私が見た梨の木には葉が一つもなく、その姿は醜く、ところどころの枝が折れていました」。春に行った息子は、その言葉が信じられないように「自分が見た木には一面、新緑が覆われていて、その木はやがてくる約束で満ちていた」と言いました。夏に行った息子は、その通りだと言わんばかりに「自分の見た木にはたわわに実がなり、甘い香りがし、木は命で満ち溢れていた」と言いました。秋に行った息子は「緑の葉」ということが理解できないかのように、「その木には実などはなく、しかし、その葉は真っ赤で、しかし、その葉は次々と地に落ちていっていた、ある意味、その木は大切な役目を成し