『皆と、そして一人で神の前に立つ』大倉 信 師

2020年11月8日(日)


私達は今、コロナ下にあり、オンラインでの礼拝を捧げており、礼拝後にはズームによる「コーヒーアワー」と呼ぶ時間も設けています。

しかし、コロナが始まった時から折に触れてお話ししておりますように、これらは私達の本来の姿ではありません。イスラエルの民がシナイ山の麓で、共に神様の前に立ったように、初代の教会の者達が一つ所に集まり、主を拝し、互いの交わりを深めていったように、本来、私達もキリストの体なる教会にて、共に主の前に出て、主に礼拝を捧げ、また主にある交わりにあずかるべきなのです。 ですから皆さん、どうぞ今から心に刻んで、心備えをしておいてください。我々がコロナ感染の危機から解放された時には再び、主の宮に集まるということを!。