top of page

『父母を敬うことは、神と自分を尊ぶこと』大倉 信 師

2020年9月13日(日)


私は齢を重ねるたびに血というものを意識するようになりました。この写真は7年前に私が韓国の家族を訪ねた時に私の兄と撮った写真です私が生まれた時に兄は既に成人しており、兄というよりも私の父親のような存在です。

私はソウルで生まれてから二年足らずで日本に戻り、日本人として育ちましたので、韓国で暮らす兄と暮らしたことはありません。しかし、私は彼と同じ血を親から受けているのです。そのことゆえに、見てお分かりのように兄の姿は、私のこれから向こう10年、20年の姿をはっきりと指し示しています。私がますますこの世界を照らすことになることは確実なのです。

実際のところ、兄と私は母違いの兄弟なのです。よほど父方の血が強かったのでしょう。血を受け継ぐ、血が繋がっているということは、こういうことなのかと思わされます・・・。



メッセージ音声

*Podcastの詳しい使い方はこちら

礼拝ビデオ




bottom of page