『点はつながり、やがて線となる』大倉 信 師

2021年2月7日(日)


私達が人生で経験する出来事は一つの点となり、私達の心に刻まれます。私達が後ろを振り返れば、そんな無数の点を過去に残しながら、私達は今日まで歩んできたことに気がつかされます。 目を凝らして、そんな点を見つめなおすと、幾つかの点は他の点と一本の線でつながっていることに気がつかされます。その時、私達はそこに神の御手のはたらきを感じ取ります。 しかし、全ての点が互いにつながっているわけではないということにも私達は気がつかされます。中にはとんでもないところに点在している点もあり、その時に私達は心の中で思います。この生涯で、私は全ての点のつながりを見届けることなどはできないだろうと。 私達が神の前に立つ時に、全ての点が私達の前に解き明かされ、それらが互いにつながり合い一本の線となる。あなたはこのことを信じますか。



礼拝メッセージ『点はつながり、やがて線となる』

本日のおもちかえり

一日一 生(20210208-20210214)