『クリスマスはチキンとローソクか?』大倉 信 師

2020年12月6日(日)


先日、家族と「日本ではクリスマスになるとケンタッキーフライドチキンに行列ができるのか」ということが話題となりました。今から30年も昔、私の住んでいた家の側にケンタッキーがありまして、クリスマスになると店の外にまで行列ができていた光景が私の脳裏に残っていたからです。今はどうなのか分かりませんが、考えてみれば不思議な話です。「クリスマス」と「チキン」は何か関連性があるのでしょうか。あのカーネルサンダースの人形がサンタの衣装を着ているというところが大きいのでしょうか。

かつてクリスマスイブはロマンチックな夜とされ、その日に恋人とどのレストランで食事をするか、ギフトは何を送ればいいのかというようなことを特集する雑誌がありました。闇夜に輝く「キャンドル」がロマンチックなものとして受け止められたのでしょうか・・・。

多くの方達にとって、クリスマスというものは、このようなものなのかもしれません。そこで、今日は本家本元、聖書が記録しているクリスマスについて見ていきたいと思います。



礼拝メッセージ『クリスマスはチキンとローソクか?』

本日のおもちかえり

一日一 生(20201207-20201213)

メッセージ音声



メッセージを Podcast*で聴く・音声ダウンロード

*Podcastの詳しい使い方はこちら

礼拝ビデオ



サンディエゴ日本人教会 Youtube チャンネル




#jp