『こうして教会は(30):危機の中で熟睡している人の心(1)』大倉 信 師
  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle

​© 2020 San Diego Japanese Christian Church
1920 E Street, San Diego, CA 92102

English: 619-234-2697 | 日本語: 619-234-5627

    『こうして教会は(30):危機の中で熟睡している人の心(1)』大倉 信 師

    2020年3月22日 (日)


    私は釣りが好きです。幼い時は毎日のように釣りに行っていました。皆さんはおそらくご存知ないと思うのですが、私が小学生の頃にのめり込んだ魚にヘラブナという魚がおりまして、それはフナなのですが、その胴体が平べったいのです。この釣りはかなり専門的でヘラウキという特別なウキを使い、特別なネリ餌を使って釣るのです。

    ヘラブナは大きいものは40センチぐらいになりました。少年ながら時々、そのサイズのヘラブナを釣りますと思いました。「お前はこの沼でよくぞ、こんなに大きくなるまで生きてきたなー。たいしたもんだよ!」と。

    皆さん、色々なところを通ってきましたでしょう。70年、80年を生きるということはなかなか大変なことだと思います。絶体絶命とか生死の境目を通ってきたという方もいますでしょう。

    でもですよ、考えてみてください。あの時は「これで終わりだ」と思われたことがあったのに、今、皆さんはここにいて、日々の生活をしているのです。これは誰も否定できない事実なのです・・・。



    礼拝メッセージ『こうして教会は(30):危機の中で熟睡する人の心(1)』

    本日のおもちかえり

    一日一生(2020/3/23-3/29)




    メッセージ音声



    メッセージ Podcast* 購読・音声 mp3 ダウンロード

    *Podcastの詳しい購読方法はこちら




    礼拝動画



    サンディエゴ日本人教会 Youtube チャンネル




    #jp #大倉師