サンディエゴ日本人教会 | メッセージ・シリーズ - 勝ち得て余りある生涯
  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle

​© 2019 San Diego Japanese Christian Church
1920 E Street, San Diego, CA 92102

English: 619-234-2697 | 日本語: 619-234-5627

2018年6月3日

今日も私達はここから出て行きます。かつてイエス様は弟子達を二人づづ、町に送り出す時に言われました。

「わたしがあなたがたを遣わすのは、小羊を狼の中に送るようなものである」(ルカ10章3...

2018年5月13日

人はとかく傲慢になり、感謝を忘れがちであり、そのような時に私達はとても危険な状態にいるのですが、そんな時は自分のお腹にあるヘソに触れてみたらいいかもしれません。そこにある小さな“く...

2018年5月6日

夫と妻はその生涯、互いにどのような立ち位置をとるべきでしょうか。恋愛をしているカップルがカフェのテーブルで何時間も飽きることなく、見つめ合って、うっとりしている、そんな時もありますで...

2018年4月22日

最近、私はよく教会の床に置かれているものに目を留めるようになりました。けっこう皆さん、手荷物が多いようで教会のフロアーには色々なものが置かれることがあります。そんなバッグとか、誰か...

2018年4月22日

クリスチャンになるということは、融通のきかない四角定規の人間になるということではないのです。

神から与えられている自由を存分に用いる者となるということなのです。

● 本日のプログラム

●...

2018年4月15日

このローマ書13章を読む時に、ある方は「すべての人は、上に立つ権威に従うべきである」と書かれているのだから、全ての権威に服従しなければならないと思われるかもしれません。確かにこの言...

2018年3月18日

皆さんは「誰かに嫌な思いをさせられた時、実際に何かの攻撃を受け、それによって被害を受けた時どうしますか」。

これらのことに対して色々な対応があるのでしょうが、三つ、挙げてみました。

1...

2018年3月11日

私達日本人はあの第二次世大戦で「神」ということについて、負の遺産を持っています。その時に「天皇は神である」ということから「天皇は人間であった」という価値観が一日の内に全くひっくり返...

2018年3月4日

クリスチャンになるということは「歯をくいしばり、きよく正しく人生を生きること」、「聖書に書かれている様々な掟を一生懸命に努力して守っていくこと」というようなイメージをもっている方達が...

2018年2月25日

私達はクリスチャンであるゆえに霊的な事に関心を寄せます。しかし、霊的なことだけに目を向け、人は同時に肉体をも有しているのだということに心の目が閉ざされてしまうことがあるのではないか...

次のページ >

Please reload

16世紀の初頭、当時の教会では免罪符というものが売り出されており、人々はそれを買うことにより、自分の罪が赦されるということを教えられていました。とても残念なことですが、それは教会にとっての堕落であり、暗黒の時代です。そんな時にマルチン・ルターはある手紙によって、その心に熱い思いを与えられていました。その手紙が闇の中にいる彼の心に光を当て、彼は揺るぎない確信と共に立ち上がったのです。そうです、免罪符により腐敗していたキリスト教会に対して「神の救いは免罪符によるのではなく私たちの信仰によるのだ」ということを彼は明らかにしました。ルターはこの確信と共に、1517年10月、宗教改革の運動に発展する「95か条の提題」をヴィッテンベルグの教会の扉に掲示しました。これが宗教改革の始まりです。このように彼に「信仰による救い」という揺るぎない確信を与えた手紙こそ、パウロが書きました「ローマ人への手紙」なのです・・・。この手紙から受け取ることができる収穫はとてつもなく大きなものです。もう一度、福音の原点に立って、この書に向き合い、勝ち得て余りある生涯を歩みだしましょう!

勝ち得て余りある生涯

メッセージ