神の真理を忠実に宣べ伝える-Faithfully Proclaims God’s Truth

7/3/2022


『神に喜ばれる教会(5):神の真理を忠実に宣べ伝える』本多一米師

A Church Pleasing to God (5): Faithfully Proclaims God’s Truth

Pastor Ichibei Honda

When we think of July 4th, of course in this country we think of independence, and historically we remember it as the day in which the Declaration of Independence was signed by the founding leaders of this nation. More recently, I have found out that some of the founding leaders of this nation, 9 of the 56 signers of the Declaration of Independence to be exact, were freemasons. When thinking about a nation’s identity, one must think about its history, particularly its founding leadership and what they believe and value. At the same time, in thinking about history and how it goes through revisions, I am challenged to wonder about the reliability and truthfulness of this country’s history. As Christians, we are reminded that history is ultimately about HIStory: God’s story. And God’s story is recorded for us in the Bible. It does not change and does not go through revisions. Thus, we as a church are called to faithfully proclaim God's truth found in the Bible.


7月4日といえば、この国ではもちろん国の独立を思い浮かべますが、歴史的にはこの国の建国のリーダー達によって独立宣言が署名された日として記憶されています。最近になって、この国の建国の指導者の何人か、正確には独立宣言の56人の署名者のうち9人がフリーメイソンであったことを知りました。国家のアイデンティティを考えるとき、その国の歴史、特に建国の指導者達が何を信じ、何を大切にしてきたかを考える必要があります。同時に、歴史がどのように修正されていくかを考える時、私はこの国の歴史の信頼性と真実性について、どのように考えるべきか、チャレンジを受けます。クリスチャンとして、私達は歴史が最終的にHIStory(神の物語)であることを再認識します。そして、神様の物語は、私達のために聖書に記録されています。聖書は変わることが無く、修正もされていません。ですから、教会として私たちは、聖書にある神の真理を忠実に宣べ伝える召しがあります。



 

Worship Service Video 礼拝動画


Message Audio (English Only) メッセージ音声

🎧Podcast ポッドキャスト https://smarturl.it/sdjccjppodcast