共に祈る - Joining Together in Prayer

6/19/2022


A Church Pleasing to God (3) Joining Together in Prayer -

Pastor Ichibei Honda

『神に喜ばれる教会(3):共に祈る』本多一米師



After Jesus’ ascension, His disciples waited in Jerusalem for the promised Holy Spirit. So how did they wait? It says, “They all joined together constantly in prayer.” Why did they pray and why is prayer so valuable and important for us as a church today? Because prayer unites us with God. When we pray, we pray to God the Father. We pray in God the Son’s, earthly name, Jesus. We pray led by the Holy Spirit. Before the Church was born, the community of believers all joined together constantly in prayer. We see prayer being an integral part of the church throughout the book of Acts. We also see the exhortation to the churches to pray in the New Testament epistles. Through prayer we are continually in close communion with God. If the Holy Spirit is where everything started with the church, prayer is the groundwork of the church. A church that constantly prays together is a church pleasing to God. (Ichibei Honda).



イエスの昇天後、弟子たちは約束の聖霊をエルサレムで待ち望みました。では、どうやって待ち望んだのでしょうか?「共に、心を合わせて、ひたすら祈をしていた」とあります。

なぜ彼らは祈ったのか、そしてなぜ祈りは現代の私たち教会にとって貴重で重要なのか?それは、祈りは私たちを神と一つにさせるからです。私たちが祈るとき、父なる神に祈ります。私たちは神の御子である、地上での名、イエス、によって祈ります。私たちは聖霊に導かれて祈ります。教会が生まれる前、信仰者のコミュニティーは皆、絶え間なく祈りに参加していました。

使徒行伝を通して、祈りは教会に不可欠な要素であることがわかります。また、新約聖書の書簡の中でも、教会に祈ることを勧めているのが見受けられます。祈りによって、私たちは常に神と密接な交わりを持つことができるのです。聖霊が教会のすべての始まりの場所であるとすれば、祈りは教会の下地となるものです。常に共に祈る教会は、神に喜ばれる教会です。(本多一米)

 

Worship Service Video 礼拝動画


Message Audio (Japanese Only) メッセージ音声

🎧Podcast ポッドキャスト https://smarturl.it/sdjccjppodcast