互いを思いやる-Lovingly Cares for One Another

9/11/2022


神に喜ばれる教会(15):互いを思いやる本多一米師

A Church Pleasing to God (15): Lovingly Cares for One Another by Pastor Ichibei Honda



On September 11, 2001, 21 years ago, what we call “the 9/11 attacks” that led to the destruction of the World Trade Center took place.

Such a tragedy affected many people. Many people felt fainthearted and weak afterwards, and many people sought God and care by going to churches. It was at that time, and in times like we are still going through in dealing with Covid-19 and other worldwide concerns, that the church can be a place that provides God’s loving care. In order for the church to be such a place, it must regularly and continually lovingly care for one another. In this message, we will look together at 1 Thessalonians 5:12-15, where the apostle Paul gives exhortation to the church in Thessalonica on how love should be expressed in practical terms within a church. There is kind and patient love, as well as tough and admonishing love. When we can function properly together in lovingly caring for one another, we will also be able to lovingly care for the world when they need encouragement and help.

21年前の2001年9月11日に、世界貿易センターが破壊された9.11テロと呼ばれる事件がありました。このような悲劇は多くの人々に影響を与えました。 その後、多くの人の心が弱り、教会に行くことで神様を求めました。そのような時、また現在もコロナやその他の世界的な問題に対処しているような時、教会は神の愛のケアを提供する場所となり得るのです。教会がそのような場所であるためには、定期的かつ継続的に愛情をもって互いを思いやることが必要です。このメッセージでは、第一テサロニケ5章12節―15節を見ます。そこでは、使徒パウロがテサロニケの教会に、教会の中で愛がどのように実践的に表現されるべきかを説いています。それは親切な愛、忍耐強い愛、そして厳しい愛、戒める愛です。私達が互いに愛情をもってケアーすることがふさわしく機能すれば、世の人々が励ましや助けを必要としている時に、愛をもって世話をすることができるようになるのです。


 

Worship Service Video 礼拝動画



Message Audio (English Only) メッセージ音声



🎧Podcast ポッドキャスト https://smarturl.it/sdjccjppodcast