二つの言葉、一つの教会 -Two Languages, One Church

6/26/2022



A Church Pleasing to God (4): Two Languages, One Church - Pastor Makoto Okura


『神に喜ばれる教会(4):二つの言葉、一つの教会』大倉信師



When I first came to the U.S. 35 years ago, I said I was flying to “Atlanta” at the flight counter, but the attendant heard “Toronto”. It was difficult to get them to understand that it was “Atlanta,” so finally I wrote Atlanta on a piece of paper for

them to understand. I thought to myself, “This is going to be tough.”

About 20 years ago, I went to California Pizza Kitchen for dinner with my family, and ordered toppings for a pizza. However, there were no olives on the pizza that came out, but instead “Broccoli”. Twice we went to that restaurant and twice the same thing happened.


アメリカに来たばかりの35年前、飛行機で「Atlanta」に行こうとカウンターで行き先を告げると「Toronto」と聞き取られました。なかなか「Atlanta」だと分かってもらえずに、最後には紙にAtlantaと書いて理解してもらいました。 「これから大変だな」と思いました。 20年ほど前、カリフォルニア・ピザ・キッチンに家族で食事に行き、トッピングをオーダーしました。オリーブが好きな私達は「Black Olive」をオーダーしました。しかし、出てきたピザにオリーブの姿はなく、その代わりに「Broccoli」がのっかっていました。二度、そのレストランに行き、二度、同じことが起こりました。 私達の教会は二つの言葉を有する一つの教会です。このことを「足かせ」とするのか「祝福」と受け止めるのか、聖書は何と言っているのでしょうか。

 

Worship Service Video 礼拝動画


Message Audio (Japanese Only) メッセージ音声

🎧Podcast ポッドキャスト https://smarturl.it/sdjccjppodcast