top of page

わたしたちの負債をもおゆるしください - And Forgive Us Our Debts

8/27/2023


わたしたちの負債をもおゆるしください本多一米師

And Forgive Us Our Debts by Pastor Ichibei Honda


“And forgive us our debts, as we also have forgiven our debtors” (Matthew 6:12). The words that Jesus spoke here in teaching us how to pray have two parts to it. First, it is a request to God to forgive us our debts; that is our sins. Indeed, sinning is like incurring a debt. When we sin, we owe someone an apology. The second part of the prayer is a reminder for us to forgive others: “as we also have forgiven our debtors.” Indeed, not forgiving others can also weigh heavily upon our hearts like a debt that is owed. Forgiving others is just as important as seeking forgiveness. We will look at the importance of forgiving others when we look at Matthew 6:14-15 in a couple of weeks. This message we will focus on the importance and blessing of us seeking God’s forgiveness.


「わたしたちに負債のある者をゆるしましたように、わたしたちの負債をもおゆるしください」(マタイ6章12節)。ここでイエス様が祈り方を教えるために語った言葉は二つに分けられます。第一に、私達の負債、つまり私達の罪を赦してくださいという神様への願いです。確かに、罪を犯すことは負債を負うようなものです。罪を犯せば、誰かに謝らなければなりません。祈りの二つ目のことは、私達が他人を赦すことを思い出させるものです:「わたしたちに負債のある者をゆるしましたように」。確かに人を赦さないことは、負債のように私達の心に重くのしかかることもあります。

誰かを赦すことは、赦しを求めることと同じくらい重要です。二週間後にマタイ6章14節-15節を見ますので、その時に人を赦すことの重要性について見たいと思います。このメッセージは、私達が神様の赦しを求めることの重要性と祝福に焦点を当てます。

 

Worship Service Video 礼拝動画



Message Audio (English Only) メッセージ音声



🎧Podcast ポッドキャスト Apple | Google | Spotify | RSS Feed

 


bottom of page