ここにいてくれてありがとう-Thank You for Being Here

11/6/2022


『ここにいてくれてありがとう』本多一米師

Thank You for Being Here by Pastor Ichibei Honda


Charles Francis Adams, whose father and grandfather were Presidents John Quincy Adams and John Adams, was a 19th century political figure and diplomat, and he kept a diary. One day he entered: “Went fishing with my son today—a day wasted.” His son, Brooks Adams, also kept a diary, which is still in existence. On that same day, Brooks Adams made this entry: “Went fishing with my father—the most wonderful day of my life!” Have you ever said thank you to someone for just being with you? The mere presence of a person being with you is a great blessing. Whether it is in caring for a loved one who is dealing with an ailment, or being with a loved one who is healthy, we are grateful for their presence. Just being with them is a true blessing. How then should we respond to a God who promises us, “and lo, I am with you always, even to the end of the age” (Matthew 28:20)?


アメリカ大統領、ジョン・クインシー・アダムス、ジョン・アダムスを父、祖父に持つチャールズ・フランシス・アダムスは、19世紀の政治家、外交官で、日記をつけていたそうです。ある日、彼はこう記しました。「今日は息子と釣りに行って、一日無駄にした」。彼の息子、ブルックス・アダムスも日記をつけており、それは現存しています。その日、ブルックス・アダムスはこんなことを書き記しました。「父と釣りに行った。人生で最も素晴らしい日だ!」あなたは誰かに「一緒にいてくれてありがとう」と言ったことがありますか?誰かが一緒にいてくれるだけで、それはあなたの大きな祝福になります。病気を抱えた大切な人の看病、あるいは元気な大切な人と一緒にいること、私達は彼らの存在そのものに感謝します。一緒にいるだけで本当に幸せなのです。「見よ、わたしは世の終りまで、いつもあなたがたと共にいるのである」(マタイ書28章20節)と約束される神様に、私たちはどう応答すべきなのだろうか?

 

Worship Service Video 礼拝動画



Message Audio (English Only) メッセージ音声



🎧Podcast ポッドキャスト Apple | Google | Spotify | RSS Feed