『託された時間と賜物』大倉 信 師


2018年11月25日

『 天が下のすべての事には季節があり、すべてのわざには時がある』(伝道の書3章1節)

私達がめぐってくる季節に対していだく思いと願いは、冬に関して言えば「雪が積もって嫌だ」とか「いや、この寒さが気持ちいい」とか、夏に関して言えば「汗だくになるのが嫌だ」とか「いや、この暑さがたまらない」という程度です。

しかし、季節には私達が「いいとか、いやだ」とかいう以上の意味があります。もし、いやだからといって冬や夏が季節から外されたり、その順番を入れ違えたら、この世界はどうなりますか。おそらくこの世界のあちこちで私達が想像もしていなかったような自然災害が起きて私達、人類の存続すら危ぶまれるでしょう。

季節の関わり合いと、その意味の全体は私達には知りえないものです。しかし、確かにそこには順序があり、全体の調和があり、それぞれの四季でなされる自然界の現象の一つ一つには意味があるのです。

本日のプログラム

礼拝メッセージ『託された時間と賜物』

『託された時間と賜物』おもちかえり

一日一生(2018/11/26-2018/12/2)

礼拝の動画はこちらからどうぞ

メッセージ Podcast 購読・音声 mp3 ダウンロード

#jp #大倉師

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle

​© 2020 San Diego Japanese Christian Church
1920 E Street, San Diego, CA 92102

English: 619-234-2697 | 日本語: 619-234-5627