『イエス様と私達の間に壁はない』大倉 信 師


2017年12月17日

ユダヤ人は私達には想像ができないほどに系図を大切にする人達です。祖先がどんなに偉大であったかということを誇りとし、日々を生きる希望としている民です。そのような中でイエス・キリストはごまかしてでも隠しておきたい名前が連なる系図の中に自らの出生を置くことをよしとされました。そう、イエス・キリストは遊女であった者、異教徒であった者、姦淫の結果、生まれた者の家系に連なる者としてお生まれになったのです。このことは何を意味しているのでしょうか・・・。

本日のプログラム

礼拝メッセージ『イエス様と私達の間に壁はない』(日本語)