top of page

罪が門口に待ち伏せをしないように - Do Not Let Sin Crouch at Your Door

5/7/2023

罪が門口に待ち伏せをしないように本多一米師

Do Not Let Sin Crouch at Your Door by Pastor Ichibei Honda


In Matthew 5:21-48, Jesus provides concrete examples of the greater righteousness which He spoke about in 5:20. In Matthew 5:21-26, Jesus is giving His interpretation regarding the commandment, “You shall not commit murder”. Rather than focusing just on the act of murder, Jesus deals with what is at the root of murder that is the intention of the heart. The key issue or emotion involved here is anger. Specifically, Jesus is addressing seething anger. The title of the message is “Do Not Let Sin Crouch at Your Door”, and it is taken from what God said to Cain who was dealing with anger (Genesis 4:6-7). Sadly, Cain ended up killing his brother Abel. What can we learn from this?



マタイ5章21節から5章48節まで、イエスは5章20節で語られたより優れた義の具体例を示しています。マタイ5章21節から26節では、イエス様は「殺すな。」という戒めについて、自らの解釈を述べています。イエス様は、殺人という行為だけに焦点を当てるのではなく、殺人の根源にあるもの、つまり心の意思を扱われたのです。ここで重要なのは、「怒り」という感情です。具体的には、イエスは煮え切らない怒りを取り上げています。メッセージの題である「罪が門口に待ち伏せをしないように」は、憤っていたカインに対して言われた神様の言葉(創世記4章6節—7節)を引用したものです。悲しいことに、最終的にはカインは弟アベルを殺しました。これから何を学ぶことができるでしょうか?

 

Worship Service Video 礼拝動画



Message Audio (English Only) メッセージ音声



🎧Podcast ポッドキャスト Apple | Google | Spotify | RSS Feed

 


Comentários


bottom of page