神の御言葉は私たちに希望を与える-God’s Word Gives Us Hope

10/23/2022


神の御言葉は私たちに希望を与えるロバート・スラーター師

God’s Word Gives Us Hope by Chaplain Robert Slaughter



Has anyone here ever received bad news; news that marked the end of hopes and dreams; news that suggests it’s all over; that we should accept our lot and move on? In 2 Kings 20:1, King Hezekiah has just been given a poor prognosis, based on an inflammatory & ulcerated sore condition; a condition that has progressed to its final stage. He is told that nothing more can be done for him; that he should accept it and begin thinking about end-of-life preparations. No matter where we are in the continuum of time, the prospect of death can be overwhelming, and this moment must had been overwhelming for King Hezekiah. What kind of man was Hezekiah? What would Hezekiah need that could revive his spirit and sense of hope? Chaplain Robert Slaughter answers these questions through his message from 2 Kings 20:1-7. 希望や夢の終わりを告げるような、悪い知らせを受けたことがある人はここにいますか。もう終わったことなのだから、自分の運命を受け入れて前に進もうというニュースを?列王記下20章1節で、ヒゼキヤ王は、炎症と潰瘍で痛んだ状態から、予後不良を宣告され、その状態は最終段階まで進行しています。もう何もしてあげられないのだから、それを受け入れて、終活を考えなさいということです。どんな時間の流れの中にいても、死を前にして打ちのめされることがあります。ヒゼキヤ王もこの瞬間、打ちのめされたに違いありません。ヒゼキヤはどのような人だったのでしょうか?ヒゼキヤの精神と希望をよみがえらせるために必要なものは何でしょうか?チャプレンのロバート・スラーター師は、列王記下20章1~7節からのメッセージを通して、これらの質問を答えます。


 

Worship Service Video 礼拝動画



Message Audio (English Only) メッセージ音声



🎧Podcast ポッドキャスト Apple | Google | Spotify | RSS Feed