top of page

喜ぶ者と共に喜ぶ難しさ - The Difficulty of Rejoicing with Those Who Rejoice


喜ぶ者と共に喜ぶ難しさ』大倉信師

The Difficulty of Rejoicing with Those Who Rejoice

by Pastor Makoto Okura


聖書の言葉に「喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣きなさい」(ローマ12章15節)という言葉があります。私は最近、この言葉をよく思い巡らします。

泣く者と共に泣く、すなわち人の悲しみを悲しみとして受け止めることに、私達は大抵、困難を覚えません。この感情は世界共通のものです。たとえ敵であっても、彼らの葬式に対して、私達は理解とリスペクトを示します。キリスト教徒であろうと、イスラム教徒であろうと、ヒンズー教徒であろうと、愛する者を亡くした悲しみは共有できるものです。

しかし、はたして喜んでいる人の喜びを共に共有することはどうでしょうか。悲しんでいる人と共に悲しむように、喜ぶ者の喜びを共に喜ぶことができるでしょうか。時に、喜ぶ者と共に喜ぶということは、悲しむ者と共に悲しむ以上に難しいのではないでしょうか。

生まれつき盲人であった男の目が開かれたという、この記事の中に、私達は恐ろしいほどの、人間の冷たさを感じとります。この出来事を見ていた人達にパリサイ人達がいます。彼らは宗教家でした。彼らは聖書の知識を誰よりも持っていました。その彼らの前に、目が開かれたばかりの生まれつきの盲人がいたのです。しかし、彼らは、その人の喜びを喜びとすることはなかったのです。

「よかったね」という言葉がここに一度も、記されていないことに、私は凍りつくような思いをもちます。彼らはこの盲人の新しい人生を喜ばず、それを疑い、議論を続けたのです・・・。

 

Worship Service Video (With English Translation) 礼拝動画



Message Audio メッセージ音声

🎧Podcast ポッドキャスト Apple | Google | Spotify | RSS Feed




Comments


bottom of page