『逆境を無駄にしない』大倉 信 師

2021年11月7日(日)



「順境の日には楽しめ、逆境の日には考えよ」(伝道の書7章14節)。

人生が順境ばかりではないことを私達は知っています。誰の人生にも逆境は必ずやってきます。

そんな時に私達はどうすればいいのでしょうか。ソロモンはここで「逆境の時には考えなさい」

と言っています。

今日は聖書の中の一人の人間、パウロにフォーカスし、彼が直面した逆境、すなわち1)価値観の崩壊、2)自身の心の問題、3)肉体の病という逆境を、彼がどのように乗り越えたかということを

見ていきたいと思います。

「結局のところ、それはあなたと神との間のことなのです。

 あなたと他の人との間のことであったことは、一度もなかったのです」 マザーテレサ