『「変化」は祝福を運んでくる』大倉 信 師

2021年2月14日(日)


季節が冬から春に変わりつつあり、一人一人の心がけ、ワクチンの効果がでているのでしょうか、サンディエゴのコロナ感染者は減少してきています。しかし、それにしましても、ほぼ一年、私達は戦争ではなく、天変地異の自然災害でもなく、目に見えないウイルスにより打ちのめされてしまうという経験をしました。これらのことに基づき、現在もコロナ下にある今だからこそ、深く心探られる聖書のメッセージにこれからしばらく心を向けていきたいと思います。 この度のコロナ・パンデミックは私達の生活に静かな変化を強いています。子供達はかつてのように学校に行くことができず、私達も昨年の三月以来、教会での礼拝や集会を一度ももつことができずに今日にいたりました。レストランで食事をすることができず、スポーツ競技は中止、もしくは無観客でゲームをしています。これらは私達が今までに経験したことのない生活の変化でした。 このことは多かれ少なかれ、私達にとりましてチャレンジとなっています。そこで、この機会に「私達の人生の中に起きる変化」について、今日は実際に人生に大きな変化を経験した三人の聖書中の人物を見ていきながら、私達もそこから指針をいただけたらと願っております。





礼拝メッセージ『「変化」は祝福を運んでくる』

本日のおもちかえり

一日一 生(20210215-20210221)

メッセージ音声



メッセージを Podcast*で聴く・音声ダウンロード

*Podcastの詳しい使い方はこちら

礼拝ビデオ



サンディエゴ日本人教会 Youtube チャンネル




#jp